books

UNIXという考え方 - その設計思想と哲学

諸君にはすでにお分かりのことだろう。UNIX の考え方とは、常に将来を見据えながらオペレーティングシステムとソフトウェアの開発にアプローチすることだ。そこでは、常に変化し続ける世界が想定されている。将来は予測できない。現在についてあらゆることを…

ハッカーと画家

‍と‍私の知っているハッカーはTシャツ以外着たことがないような人物だが、プログラムコードの行末にスペースを決して残さない。それがあったからってプログラムの意味は変わらないし、どうせ見えないのだが、ただそれがあるというこたが彼には我慢できないん…

伽藍とバザール

「伽藍とバザール(原題 The cathedral and the Bazaar)」 エリック・S・レイモンド 著、山形浩生 訳 を読んだ。 伽藍とバザールの概要は、 Linux 用語辞典より概要を引用します。 1998年にEric Raymondによって書かれたオープンソースに関する論文。ソフト…

「ハイデガー哲学入門──『存在と時間』を読む 」仲正昌樹

「動きすぎてはいけない ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学」千葉雅也

「切断」の哲学と建築 ──非ファルス的膨らみ/階層性と他者/多次元的近傍性 千葉雅也(哲学者)+平田晃久(建築家)+門脇耕三(建築家)+コメンテーター:松田達(建築家)+モデレーター:平野利樹(東京大学大学院隈研吾研究室)10plus1.jp

「建築の形態言語」ウィリアムミチェル

第1章 建築の記述 第2章 建築形態 第3章 デザイン体系 第4章 批評言語 第5章 デザインにおける推論 第6章 タイプとボキャブラリー 第7章 デザイン演算 第8章 建築の形態言語 第9章 機能 第10章 機能的動機を持つデザイン

「dust eyes, dust architecture」 dNA

double Negatives Architecture doubleNegatives Architecture Ltd. | architectural design Do the limits of the architecture's language mean the limits of the architecture?00 introduction 01 notation 02 spatial notation 03 retaining dimensions…