Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

G-code 3D Printing

161203 at ICTCO
金田さんワークショップ

普通にSTLをスライスするのとはまったく違う、
らせん状の、一筆書きのような、G-codeでプリントする。

G-code生成用のプログラムが用意されており、
いくつかのパラメータを設定すると、G-codeが作られる。
当日は金田さん所有のデルタ式プリンタで出力した。
(当日の写真は後で貼る)

Repetier-Hostで読めるG-codeができていたので、
お店のRepetier-Host対応の3Dプリンタ、Cubisで出力を試みるも、
デルタ式プリンタの座標体系でG-codeが作られていたので造形範囲に収まらなかった。
G-codeのテキストをgrasshopperを使って、X座標Y座標の修正をする。
f:id:ysok_na:20161227184915j:plain

間違えた場所など。
f:id:ysok_na:20161227184937j:plain
全部で63817行、作業完了。
f:id:ysok_na:20161227184951j:plain


後日、3DプリンタCubisにて出力した。
Gコード自体は問題なく、プリンターもきちんと動いたが、
送り出すフィラメントの量、ノズル径など、
プリンタのパラメータの調整がうまくいかず、造形はうまくいかなかった。
f:id:ysok_na:20161227184813j:plain
一筆書きの様子がわかる。
f:id:ysok_na:20161227184809j:plain
動きはいいんだけど積層が全然ダメ
www.youtube.com