Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

170205

最近、ちょっと調べてまとめているものなのですが、名和晃平のDirectionという作品が気になっています。

形態言語というのかあやしいのですが、
なにかしらのルールと、それによる形があること、
その関係が見つけられなくても(知らなくても)成立しているという作品の形も気になります。