SD レビュー展

170918
代官山に SD レビュー展を見に行った。

SDレビュー2017

でかいカメラで撮影命みたいな人間たちが多くて困ったので、駆け足で見る感じになりましたが、能作さんのやつがとても良かったし、トミトもパタンランゲージ等上手く作ってた気がしました(トミトの模型、フラワーアレンジメントかなみたいなところもあったけど)。

能作
f:id:ysok_na:20170920125653j:plain

トミト
f:id:ysok_na:20170920125744j:plain

あとは、南さんの作品があって、22年の高い棟と、24年の浮いている棟がとても良さそうでした。
前半は石上みたいと少し思いました。

展示のボードの設営が、壁から少し浮かしていたり、小さめの正方形のグリッドで統一されていたり、気持ちよかったです。
f:id:ysok_na:20170920130027j:plain

模型の展示の順序が、
18年の全体模型と詳細模型と画像、20年の全体模型と詳細模型1と詳細模型2と画像、22年の全体模型と詳細模型と画像、、、のように並んでいたのですが、
時系列や位置関係を若干見失いそうだったので、
初見の人間から見ると、同じスケールの全体模型を並べて増築の様子を並べてくれた方が親切かなともちょっと思いました。
f:id:ysok_na:20170920125918j:plain

詳細の模型に、隣の棟が、見切れているのが可愛らしくてよかったです。



あとは、Uo.A のボードが、表に傷ができないような留め方、スチボの裏のスポンジ部分だけを貫くように斜めに虫ピンというのが、気になりました。
f:id:ysok_na:20170920131033j:plain



.

(おわり)