アルゴリズミックデザイン

アルゴリズミックデザイン、アルゴリズムを用いた表現では、
やりたい事や目指す形がまずイメージできていて、それを実装する、効率化さる、もしくは極めて大きく(小さく)スケールさせる、という点において、アルゴリズムを構築するというのは非常に有効である。

その反面、やりたい事や目指す形をアルゴリズムから導くというのは出来ない(このアルゴリズムの見た目が面白いから使ってみよ、みたいなことは可能であるが)。

と思った。

完成イメージは、アルゴリズム云々の前にある程度で予測して、
そこに向けての過程ではアルゴリズムは大きな力を発揮する。
アルゴリズムを用いた生成であったり解析であったりは、完成イメージが正しいかどうかの検証であると考えられる。



.